美容外科について

人間関係において、第一印象は非常に重要な要素の一つと言えるでしょう。中でも見た目が55%を占めると言われています。その見た目を改善したいという医師の思いから誕生したのが、美容外科です。美容外科は1978年に、広告表示が可能な標榜科目の一つとして認可されています。また、美容外科はエステティックサロンなどとは異なり、医師免許を持った人間が医療機器などを用いて治療をおこなう、医療行為です。しかし、病気の治療とは性質が異なるため、たいていは健康保険が適用されず、自由診療となるので注意が必要です。

美容外科の施術箇所は、身体と顔、肌、その他の4つに分けることができます。また、治療内容は主に、メスを使う治療、メスを使わずに注射やレーザーを用いる治療、内服薬による治療の3種類があります。メスを使う場合は例として、まぶたを一重から二重にする治療や、皮膚のたるみを吊り上げて無くすリフトアップ治療などがあります。注射による治療では、しわやたるみを改善する効果が期待できる物質の注入などをおこないます。レーザー治療では、しみの除去や脱毛などをおこないます。内服薬を用いた場合は、自分が持っている免疫力を高め体内環境を良くすることで、外側の美しさに作用し治療につながると言われています。

これらの治療法以外で、たるみの改善に効果があるとして数年前から登場したのがウルセラです。当サイトでは、美容外科がおこなっている施術の一つである、ウルセラについて紹介しています。