効果と注意点

超音波を照射してすぐは、超音波エネルギーが持つ熱で、皮膚の内側にあるコラーゲンが部分的に損傷します。しかし、時間が経つにつれて徐々に回復していき、それに伴って多くのコラーゲンが再び作られることによって、長期に亘るたるみ改善効果が期待できます。従来からある治療方法では、効果を感じることができないという人もいましたが、ウルセラは、ある調査で86%以上の人がたるみ改善効果を感じたというデータがあります。

ウルセラ治療を受けるにあたって、気をつけなければならないことは痛みです。効果を得るには照射するエネルギーを強くしなければならないため、痛みが生じます。また、最大限の力で超音波をあてることによって、施術後から回復までのダウンタイムに腫れや赤みなどが出る場合もあるので注意が必要です。しかし、これらの症状は数時間から一週間程度で治るので、それほど心配する必要はありません。痛みがどうしても苦手な人は、部分麻酔による施術ができる美容外科もあります。

ペースメーカーを体に入れている人や、妊娠中の人、シリコンを入れている人などは治療を受けることができないので注意しなくてはなりません。治療を受ける際には、事前のカウンセリングでしっかり医師と相談することが重要です。

参考リンク→札幌中央クリニック:美容外科でウルセラ治療